腎臓病食宅配サービスの口コミをリサーチしました!!

腎臓病食宅配口コミ

人間の腎臓はソラマメに似た形をしており腰の辺りに左右1個ずつあります。この腎臓には糸球体というごく小さな血管が無数に存在するのです。

腎臓の主な働きはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血液中の老廃物や毒素といったものを尿と一緒に体外へ排出します。その他にも、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保ったり、さらに、赤血球を作るホルモンや血圧のバランスを整えたり、骨の代謝に関連したホルモンを形成するなど必要不可欠な働きをしています。

たんぱく質は肉・魚・乳製品・豆類だけでなく、穀物・野菜・果物・加工品など砂糖・油脂以外はすべての食品に含まれています。同じたんぱく質でも良いもの悪いものがあり、動物性たんぱく質は植物性たんぱく質に比べ筋肉や血液などをつくりやすいので「質の良いたんぱく質」です。

食塩制限は腎臓の負担を軽くします。食塩摂取量は1日6g未満が適切とされています。加工品や塩分多めの食品よりも、できるだけ生の食品を摂りましょう。

料理には天然のだしで味付けしてみましょう。薄味でもおいしく食べることができます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品は、たんぱく質が多く含まれる食べ物です。たんぱく質を含んだこれらの食品の他に、たんぱく質制限が必要な方に向けた「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。

管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみてください。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、具体的な献立の工夫や、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。例えば低たんぱく食事療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。

現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を摂取しているかをチェックします。一日における排泄物を検査し計算をします。尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。

多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、カリウムの摂取量を確認し軽減する必要があります。

一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、生のままの野菜や果物と比較すると含まれているカリウムが、間違いなく多量です。そのため、腎機能障害のある患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。

腎臓の病気には遺伝的要因からくる腎炎であったり、あるいは感染などが原因で先天的なものに起因しないものまでさまざまですが、早期発見のためにも習慣的に健康診断を受け、普段からマイペースなリズムで生活することによって健康的な生活を維持することが可能になります。けれども、ある腎臓病に関しては自己判断が難しいものもあるので、予防がなかなか難しいのも現実です。

判断材料として尿の状態があるので場合によっては、ただちに病院で診察を受けましょう。理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。60kg前後を標準体重とすると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。

食品のたんぱく質含有量についても食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。これらの食事療法については、栄養士からの食事指導で様々な工夫について知ることができます。

開業医さんで食事指導を受けられないときは、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。腎臓の機能に病的なサインが顕れた場合は、健康体へもどることが難しく悪化すれば慢性腎不全になります。

ですが、近年の医療技術の発展により早期発見・早期治療が実現できるので、腎臓の機能低下を最小限に抑えたり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。

病状が末期腎不全に推移しても回復の見込みを著しく悲観することはなく、昨今では透析療法や移植にとどまらずそれぞれに応じた治療法も加わり、個々の状態と環境にマッチした最良の治療が望まれます。

近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。腎臓というのは背中に2つありそこで尿を作り体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整を行ったり、赤血球を作り出したり、私たちの体にとって大切な働きをしています。

言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院しふさわしい治療を受けることも先決ですが、日々の食事や生活の習慣を見直すことが不可欠です。